画像
事故の現場

title

現場

落ちちゃいました。

 落ちちゃいました。

ある日の昼下がり、Uターンに失敗してエライ事になりました。
車はスクラップですが幸いなことに、怪我は軽傷でした。
 人のいるところで無くてよかった。
奈良の町は狭い道が多いので注意が必要ですね。

抱き込み・・・

 抱き込み・・・

ちょっとよそ見をしただけなのに・・・
相手が電柱で良かった。
夜の狭い道には気をつけましょう。

突っ込みました。

 突っ込みました。

やっぱり、アクセルとブレーキを間違いました。
建物の中は結構な被害です。
誰も怪我をしていませんが、ドライバーも中にいる人もビックリです。
やっぱり ブレーキサポートは必要を感じます。

広めの用水路に転落

 広めの用水路に転落

見事に転落横転しています。
(作業スタッフ)・・・「周りに、支えにするものがなにも無くて、狭い農道からの引き上げ作業が大変でした。たくさんの草の上に軟着陸状態なので車体を傷つけずに回収できたことで喜んでもらえました。」

横転~転覆! ①

 横転~転覆! ①

深夜の出動事案
原因は不明ですが左の大きめの縁石ブロックに衝突して横転転覆です。
乗っていた人に大きなけがはなかったようですが、夜中の住宅街でおおごとになっちゃいました。
出来るだけ早く、安全に現場からの排除をしなければなりません。
両側に住宅が迫っているので、引き起こす時には細心の注意を払い、住宅や他の構造物に当たらないように作業をします。
まずは、状況確認。通行止め状態でUターンされた方、ごめんなさい。

横転~転覆!②

 横転~転覆!②

まずは、ウィンチでぎりぎりまで端に寄せて、位置と展開させた後のスペースを確保したらワイヤーを付け替えて、引き起こしの作業にかかります。
作業をしている警察官にも声をかけて、レッカー車の位置を作業しやすいように調整します。

横転~転覆!③

 横転~転覆!③

今回は、素直に横になってくれました。
実際、天井が大きく変形している場合等はなかなか起き上がってくれません。
何とか知恵を絞って『早く起こさなくっちゃ』と焦りますが、深呼吸をしてからどこに何をしたら良いのか・・・考えます。

横転~転覆!④

 横転~転覆!④

なんとか起き上がってくれました。
前部の損傷、フロントガラスや天井の破損状況で、事故の衝撃が伝わってきます。
あとは、レッキングできる状態に位置を調整するのと、こぼれたオイルやクーラント液の処理が残っています。
あとは、レッキングして車を移動してから掃除をしたら終わりです。

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!